糸鋸工作

うごくおもちゃを作った時のあまり板を刻んで作っています。基本は「えとかざり」です。毎年楽しみにしている人が増えてきて、いまでは40個近く作って差し上げています。趣味の押し売りになっている部分もありますが、暇人だからなし得る事です。
   
  2008 ね

ねずみ一家

5匹の親子。どこかのデザインで作りました。(著作権侵害の恐れ!:といいながら掲載)十二支のスタートにあたりここから「えとかざり」が毎年作られることになった。

  2009 うし
のんびり草を食む古典的な牛を切抜きで、模様の黒色部分を切り抜いた後焼いて色づけ。まさに立つジグソーパズルです。バーニングペンの跡がちょっと見苦しい。
  2010 とら

ピーピングタイガー

テーブル越しに覗き見している子虎をデザイン。少しは「かわゆさ」が出せたかな・・が自己満足評価。作るにはテーパーカットで中のパーツに段差を作り上げ立体的に。また焦がすことにより色づけとしました。

2011 2011 う

ラビット

切り抜き部に色粘土で色づけをしてみました。裏面から反転した形状を選ぶことができます。

パッケージデザインも富山の鱒寿司風(あるいは石鹸箱)。

  2012 たつ

皇帝の龍

龍を前からのモチーフにしてみました。イメージの原型は中国明時代の皇帝が着た黄色の服にあった刺繍。今回のデザインは右に玉、左前脚は前に突き出す迫力を持たせています。目と口に着色し、立体感を強調させるアクセントにした。背景はこのパッケージ。

焼印を彫金により自作し押してみました。焼け具合のコントロールが難しい。何か分からないが一応様になるものになった。

  2013 み

ウロボロスの蛇

永遠・輪廻・完全を象徴的にあらわす尾を咬む蛇。ギリシャ神話からデザインを持ってきました。ひねって固定する事により頭と尾の部分の立体感を出し、舌を着色する事によりアクセントとしました。目はアルミパイプで銀色に輝く様にしています。

  2014 うま
頭の部分が一番デザインしやすく、作るのも簡単。それなりに見映えもするし・・・と。ひたすら年末に40個近く作りました。あとは焼印を押して出来上がりです。
  2015 ひつじ
ひつじは「もこもこ」と「巻角」。その2つをシンプルにまとめました。今回も40個程度製作。
  2016 さる
テーパーカットでエンボスの顔を作りました。白木と久米蔵油仕上げの2種類。やはり例年通り40個程度の制作。その他「五郎丸猿」も作りましたが世相に迎合し過ぎなためここには掲載せず。
  2017 とり
風見鶏:こんなに作って、どこの風を読むのだろうか?みんなで同じ方向を向くのは壮観だろうが、てんでんばらばらの方向をそれぞれが向いてくれるのが制作者の希望。ひたすら切って、色付けして。
  2018 いぬ
「豆柴後姿」と銘打って、一番簡単な切り抜き作業。犬のシルエットはやはり芝犬限ります。本当に愛らしく、また尻尾の丸まったあたりは完璧。初めはバーニングラインに沿って切り抜いていたが、正面にフェルトペンで顔をかけるようにバーニングペンで焼きました。