Firewood 2016

   

今年は全量「薪の暮らし普及プロジェクト」よりの調達となった。初めてどっぷりとはまり、利用させていただくこととなった。樫、小楢、垂。昨年春に作ったものなので、使う時には2年乾燥ものの極上品となる。

玄関脇の「みせまき」は杉皮葺きの片屋根。北側道路向きは最大容量。

単管パイプで作った薪棚に今年は砕石をきれいに敷き詰め、屋根はひも固定だったのをジョイント金具できっちり固定。
駐車場内は家側壁面に可能な限り積上げ。合計で3.6立米。ほぼ我家の一冬分となる。
「薪の暮らし普及プロジェクト」の原木集積場。ここで玉切りをして油圧薪割り機で薪を作る。事業化を念頭に放置された薪炭林の「里山再生」とささやかな「バイオマス」資源活用活動だ。
薪ネットワークへ戻る>>